観光

勇壮で優雅!中津祇園をより楽しむためのポイントはこれだ!中津市イベント情報《2017年7月》

イベント情報

中津市

祭り

大分県三大祇園祭の一つである中津祇園は、10万石の城下町中津を代表する祭で、疫病退散と無病息災の祈願を目的に、毎年7月20日過ぎの金曜日から日曜日の3日間行われます。

今年は7月28日(金)〜30日(日)の3日間!

中津祇園の祇園車

その見所をチェックしておけば、中津祇園をより楽しむことができますよ!

豪華絢爛な祇園車と、豪快な辻回しは必見!

中津祇園では、御神幸で曳いて回る山車のことを「祇園車」(ぎおんぐるま)と呼んでいます。

いつの頃から祇園車と呼ばれているのか定かではないようですが、参勤交代時に大坂まで瀬戸内海を船で航行していたこともあり、大坂のダンジリ文化を強く受けたものと言われているそうです。
そうそう、お囃子もダンジリに酷似しているそうなんですよ!

そしてその祇園車には舞台が設置されており、「辻踊り」と言われる優艶な踊りが奉納されます。
古くから、悪霊などは通りの辻や町と町の境界から侵入してくるものと考えられていました。
中津祇園においては、人々はそのような場所に高〆を建て、御神幸で下界にお越しになった祇園の神様(速素佐之男神)を一時的にお迎えし、悪霊退散していただこうという意味で、踊りを奉納するものと考えられているそうです。

辻踊り

この踊りは必ずチェックしておいたほうがいいですよ。
インスタ映えしますし(笑)

また、祇園車が舵を切って威勢良く交差点を曲がることを「やりとり」といいます。

この辺もダンジリに似ていますよね。

下祇園では「お宮入り」、船町上の辻(福沢通りやぐら前)、中津駅前ロータリー等が、上祇園では枝町古魚町境高〆の辻(福岡銀行・大分銀行前)等が「やりとり」の見所です。

豪快な辻回し

ここもチェックです!
勇壮で豪快な写真を撮ってくださいね!

この祇園車を操作するために舵取りに指示を出す言葉は、
「面舵」
「取舵」
「良候」(ヨーソロー)

「面舵」は右旋回(祇園車の中心から見て祇園車の頭が時計回りに回る方向)、「取舵」は左旋回、「良候」は「舵を切る必要なし」ということを表しています。
まるで船!

中津祇園の起源が漁村の祭であることから、祇園車を船と見立て、操船の言葉が使われてきたと考えられているそうですよ。

また、中津祇園のお楽しみが出店!
17:00頃から「福沢通り」に交通規制が入り、歩行者天国になります。
様々な出店が出るのも、楽しみの一つです!

屋台もお祭りの楽しみの一つですよね

皆さんも是非「中津祇園」を堪能してくださいね。

そのほかの中津市のイベント情報も確認してください。

中津祇園

上祇園・下祇園合わせて13台の祇園車と、闇無浜神社・中津神社の御神輿が城下町をまわり、辻々では祇園車の上で踊り等が披露されます。県指定無形民俗文化財で、その賑やかさから大分県三大祇園祭とも称されています。
  • 開催日程
    2017年7月28日(金)~30日(日)
  • 開催時間
    終日
  • 開催場所
    闇無浜神社・中津神社ほか
  • お問い合わせ先
    中津市観光推進課 0979-22-1111
詳しい情報を見る

第14回西谷川親子ハエ釣り大会

夏休みの想いでづくりに、自然の中でハエをいっぱい釣って豪華賞品をゲットしよう!毎年多くの家族連れが参加しています。
  • 開催日程
    2017年7月23日(日)
  • 開催時間
    9:00
  • 開催場所
    西谷地区公民館
  • お問い合わせ先
    西谷温泉
    0979-53-2100
詳しい情報を見る

九州・沖縄地区ウェイクボード大会第2戦マッドエアーカップ

九州・沖縄地区のアマチュアのウェイクボード愛好者が約150人集まり、2日間かけて子どもから大人までが熱戦を繰り広げます。
  • 開催日程
    2017年7月22日(土)・23日(日)
  • 開催時間
    終日
  • 開催場所
    耶馬溪アクアパーク
  • お問い合わせ先
    中津市耶馬溪支所地域振興課
    0979-54-3111
詳しい情報を見る

中津市民花火大会

中津市の伝統的な行事「中津祇園」の初日に行われる花火大会。約4000発の花火がお祭りムードを一気に高めてくれます。花火大会後に行われる祇園車のお宮入りも迫力満点!
  • 開催日程
    2017年7月28日(金)
  • 開催時間
    20:00
  • 開催場所
    小祝漁港周辺
  • お問い合わせ先
    中津市観光推進課
    0979-22-1111
詳しい情報を見る

宮園楽(かっぱ祭り)

約300年前から伝えられてきた郷土民芸で、源氏に追われた平家の落人の妄念が、カッパに化けて農作物を荒らし、牛馬に災いをなし、さらには、水辺で遊ぶ子供たちの生命をも奪うことから、そのカッパの霊を慰めるため、この神事を氏神の神前に奉納して人畜の守護や厄払い、あわせて五穀豊穣を祈願するものです。
  • 開催日程
    2017年7月29日(土)
  • 開催時間
    16:00
  • 開催場所
    雲八幡神社
  • お問い合わせ先
    中津市耶馬溪支所地域振興課
    0979-54-3111
詳しい情報を見る

第35回耶馬溪湖畔まつり

森と湖に親しむ旬間の協賛行事として、耶馬溪湖畔祭りが耶馬溪ダムの耶馬溪アクアパークをメイン会場に開催されます。子ども参加型イベント、太鼓、水上スポーツ体験など盛りだくさんのイベントが開催されます。夜間には、2000発の花火が打ち上げられ、真夏の夜、夜空と湖面を華やかに彩ります。
  • 開催日程
    2017年8月12日(土)
  • 開催時間
    15:00
  • 開催場所
    耶馬溪アクアパーク
  • お問い合わせ先
    中津市耶馬溪支所地域振興課
    0979-54-3111
詳しい情報を見る

このエントリーが気に入ったらいいね!

PR

オオイタのイリグチに記事を掲載してみませんか?

お問い合わせのイリグチ

あわせて読みたいエントリー

おすすめのエントリー

他ジャンルのエントリー