観光

PR

有明湾の豊かな海の幸と絶景が楽しめるお食事スポット!佐伯市鶴見の『鶴見海望パーク』

ランチ

佐伯市

プチ贅沢

佐伯市鶴見の鶴見崎半島。
この半島をグルリと取り囲む有明湾は、「日豊海岸国定公園」の一部。
複雑なリアス式海岸で、暖流の黒潮によって水温が高くプランクトンも豊富なので良質な漁場としても有名なんです。

豊後水道の有明湾。豊かな漁場で有名

そんな有明湾を望む展望レストラン『鶴見海望パーク』に行って来ました!

鶴見海望パーク

佐伯市鶴見の旬の岩牡蠣を白ワインで焼いて、絶景付きで食す!

2015年の3月にリニューアルオープンした『鶴見海望パーク』。

入口を入ると奇妙な大根がお出迎え(笑)

こんなんできちゃいましたって(笑)

そして多くの水槽が並び、伊勢海老や岩牡蠣、トコブシなどがあります。

水槽にはたくさんの伊勢海老!

2階が食事処になっているので階段で上へ!

レストランは2階

広い店内は全席オーシャンビュー!
豊後水道を眺めながら食事ができます!

店内はガラス張りで絶景を楽しみながらお食事ができます

どうですかこの景色!

目の前は海!まるで海の上にいるみたいな錯覚

座敷席とテーブル席があるので、シチュエーションに応じて使い分けできます。

遠くに四国が見えるらしいです

さっそく窓際に陣取りメニューを眺めていると・・・

メニュー表

ふと見上げたホワイトボードに『岩牡蠣』の文字が!!

そうだ!『日豊海岸岩ガキまつり2017』のキャンペーン中だ!

岩牡蠣!

そうだ!岩牡蠣食べよう!

ここでは岩牡蠣をワインで焼いて食べることができ、カキフライもできるとのこと。
またカキフライは、煮物、漬物、ご飯に味噌汁がつく「カキフライ定食」1,800円として期間限定で食べられるよ!

じゃあまずは岩牡蠣を白ワイン焼きで!

海を眺めながら待っていると出てきたのはこちら!

大きな天然の岩牡蠣!

大きな岩牡蠣が登場!
ここでは、地元漁師さんから天然物の岩牡蠣を仕入れています。

海をバックに寄りで撮影(笑)大きさわかります?

さらに寄りでドーン!

この岩牡蠣、殻から一度取り出してアルミ箔に乗せてくれているので、アルミ箔のまま焼き台の上に乗せるだけです。
自分で焼いて楽しめるんですが、スタッフさんに焼いてもらってもOK!
今日はスタッフさんに焼いてもらいました!

網の上で大きな岩牡蠣を焼いていきます

そこに白ワインを注いでいきます。

白ワインを注入!

白ワインのイイ匂いが、岩牡蠣の焼ける香ばしい匂いと混ざり合ってなんとも言えない幸せな気分です。

白ワインの香りと岩牡蠣が焼ける香ばしい匂いがたまりません!

そして完成!
あまり火にかけると岩牡蠣の身が硬くなってしまうらしいです。
お酒の弱い方は、火にかける前に白ワインを注いでアルコールを飛ばしながら焼いたほうがいいかもしれませんね。

完成!

いざ食べようとお箸で持ち上げると

・・
・・・
・・・・
・・・・・

ずっしりとした重量感(笑)

しっかりとした岩牡蠣の身

いやぁ〜大きくて身も厚い!
そして白ワインの香りが食欲をそそります!

とても一口で食べられそうにありません

口に入れた瞬間は白ワインがやってきます。
そして後から濃厚な岩牡蠣の旨味が襲ってきて、いつまでも口の中に広がっていきます。

まさに“口福”って言葉がぴったり!

美味しくて、2個目に手が伸びます!

白ワインを入れて焼くことで、香りや風味付けだけでなく岩牡蠣の身をまろやかにしてくれるんだとか。
シンプルに焼いたり、蒸したりする岩牡蠣も好きですが、この白ワイン焼きも美味しいですよ!
クセになります。

そしてやっぱり牡蠣好きは押さえておきたい「カキフライ」

カキフライ登場!

さらに寄りでドーン!

今度は海をバックにカキフライをドーン!(しつこい?)

いやぁ〜絶対うまいだろ?これ

よだれを抑えつつ、いただきます!

カキフライもデカイぞ!

大きなカキフライ。
もともと大きいのでしょう。
揚げて縮んだとしてもこの大きさ。

やっぱり一口ではいけません(幸せな悩み)

中の身もぎっしり!

一般庶民のわたくしは、「カキフライ」と言えば一口大のカキフライしか知りません。
いや、一口大のカキフライしか食べたことがありません!

まさに“口福”(本日2度目)

衣もサクサクで、中身はとろ〜んとした濃厚な岩牡蠣。
この絶妙な揚げ加減もたまりません。

『日豊海岸岩ガキまつり2017』の期間中(8月末までの提供)の限定メニューなので、皆さんもぜひ味わってみてくださいね。

佐伯市鶴見の豊かな海を一つのドンブリで味わえる「スペシャル海鮮丼」は必須!

岩牡蠣に満足してたら
「鶴見の魚は岩牡蠣だけじゃないですよ(笑)」
と店主の早野さん。

そう言って出してきてくれたのがこちら!

スペシャル海鮮丼!

アジやハマチ、イカやエビにトコブシ、ウチワエビなど8種類の新鮮な刺身が乗った「スペシャル海鮮丼」1,500円!
*取材時はヒオウギ貝の提供ができない時期でしたが、普段はヒオウギ貝が付いてきます

ウチワエビなんてひっくり返したらまだ足が動いてたんだよ!

ウチワエビが動いてた!すいません、動画で撮ってません(泣)

このドンブリ一つで佐伯市鶴見の旬の味が楽しめる一品なんですよ!

特製のタレをかけて食べてると、先ほどのウチワエビ(地元の人は“パッチンエビ”って言うらしいです)の頭を店主・葉山さん自らハサミで真っ二つにしてくれました。

ジョキジョキ!

中の甲羅についた身と味噌が食べられるんです!

中の身と味噌がわかります?

殻についた身と味噌も味わえます

これは上品にお箸なんて使ってられません!
手づかみでかぶりつくのがウチワエビのためです(笑)

いやぁ〜、旨い!
まさに“口福”(本日3度目!しつこい?)

完食!!

食べながら店主の早野さんが、目の前の有明湾の水質のことや豊富な魚種、自然と共存してきた鶴見の人々、漁師さんたちのことをお話ししてくださいました。
その中での印象的な言葉

「ここの海は天然の養殖場みたいなものです」

なるほど、豊かな自然があって豊かな海があって、おいいしい魚が育つ。

地元の人だからこそ語れる鶴見の海の話もご馳走です

美味しい魚を店主自ら目利きし、厳選された魚をリーズナブルに提供してお客さんに味わって楽しんでいただく
と言う店主・早野さんのこだわりが伺えました。

豊後水道の絶景を眺めながら、佐伯市鶴見の旬の魚を味わい、店主・早野さんの想いを聞く。
最高に贅沢な時間でした!

6月からは天然のウニのシーズンに入るらしいです。
一年を通して、様々な魚に出会える楽しみもここの魅力。

魚離れが叫ばれる昨今ですが、本当に美味しい海の幸に出会えばきっと考え方が変わるはず!

皆さんもドライブがてら、行ってみてはいかがですか?

今回ご紹介したスポット
鶴見海望パーク
佐伯市鶴見の鶴見崎半島の有明湾を望む和風海鮮レストランです。眺めの良いお席で、新鮮な海の幸をご堪能ください。120席ありますので、貸し切りバスも数台駐車可ですので、団体様にもご利用頂けるようになっています。
  • 住所
    〒8761204 大分県佐伯市鶴見有明浦24
  • TEL
    0972-33-1237
  • 営業時間
    昼11:00 ~ 16:00 /夜16:00 ~ 22:00 (16:00以降は要予約)
  • 定休日
    年末年始
  • 駐車場
    有り(40台収容)
  • ウェブ
詳しい情報を見る

このエントリーが気に入ったらいいね!

PR

オオイタのイリグチに広告を掲載してみませんか? 詳しくはこちら

あわせて読みたいエントリー

他のジャンルのエントリー