観光

伝説の湖って何!?幻想的な雰囲気が楽しめるのは6月がチャンス!!別府市イベント情報《2017年6月》

別府市

イベント情報

別府鶴見の山々に抱えられた神楽女湖(かぐらめこ)
周囲1kmほどの大きさの小さな湖なんですが、

実はこの湖は『伝説につつまれた湖』と呼ばれているんです!

神楽女湖は、平安時代に鶴見岳社の歌舞女(=巫女)がこの湖のほとりに住んでいたといわれるなど、伝説につつまれた湖。
標高約600mの高地にあり、早朝には湖から朝霧が立ち昇り、幻想的な光景を見ることができるんです。

そしてさらに、6月に入り、もっともっと幻想的な姿になっているんです。

なんと、湖にお花畑ができているんです!

綺麗なお花が咲き誇ってさらに幻想的に

6月から見頃!花しょうぶで埋め尽くされた神楽女湖を見に来て♪

神楽女湖の湖面を埋め尽くしているのは、約1万5千株(約30万株)の花しょうぶ!

80種類もの花しょうぶが咲き誇り、湖面が淡い紫色や青色に染められてなんとも綺麗・・・!

近くから眺めることができますよ

湖にかけられた橋や、湖の中に建てられた「東屋」からゆっくりと花しょうぶを見ることができます

こんなに綺麗だと写真もたくさん撮ってしまいそう!

近くで見るとこんなお花です

花しょうぶって艶やかで気品あるお花ですよね〜!

神楽女湖は阿蘇くじゅう国立公園に含まれ、別府ICからは車で志高湖方面におよそ20分ほど
さらに土日には別府駅から臨時バスの運行も行われる予定です

※臨時バスは花の開花状況により運行期間を変更する場合があるので詳しくはこちらにお問い合わせを→亀の井バス(株)別府営業所 TEL:0977-23-0141

あなたもぜひ遊びに行ってみては!?

神楽女湖花しょうぶ
  • 開催日程
    2017年6月3日(土)~7月2日(日)
  • 開催時間
    平日8:30から18:00・土日7月30から18:30
  • 開催場所
    神楽女湖
  • お問い合わせ先
    志高湖管理事務所(0977-25-3601)
詳しい情報を見る

このエントリーが気に入ったらいいね!

PR

オオイタのイリグチに広告を掲載してみませんか? 詳しくはこちら

あわせて読みたいエントリー

他のジャンルのエントリー