暮らし

PR

「ふれあい囲碁®︎」って知ってます?対人コミュニケーション力を人材育成につなげる、大分市の特定非営利活動法人『地域ひとネット』

大分市

今回ご紹介するスポット

特定非営利法人 地域ひとネット

詳しい情報を見る

オオイタ県には500件以上もの「特定非営利活動法人(NPO)」の団体があることをご存知ですか?

そもそも「特定非営利活動法人(NPO)」って何ですか?ってところですよね?

NPOとはいったい何でしょう…。

「知ってるよ。ボランティア団体のことだよね」
という風に多くの人が答えます。

そもそもNPO法ができるきっかけとなったのは阪神・淡路大震災でのボランティア活動なのですから、これも無理はありません。

ちょっとNPOのこと勉強してみよう!

NPO法人は、社団法人の一種として、NPO法に基づいて都道府県または指定都市の認証を受けて設立された法人のことをいいます。 NPO法は正式には「特定非営利活動促進法」という名称の法律で、NPO法人も正式には「特定非営利活動法人」といいます。

うわぁ〜、ここまで読んでいただいたんですけど、いつもと違って堅苦しいよね(笑)

つまり、様々な活動を通じて時には行政との橋渡しだったり、地域の課題を解決したり、地域の活性化を実践したりする市民活動団体なんですよ。
つまり、街の人たちとともに、汗をかきながら市民活動をする団体がNPOなんです!

ご理解いただけたでしょうか(笑)

「ふれあい囲碁®︎」を活用した人間関係づくり

前述したようにオオイタ県内に500以上もあるNPOの中で『特定非営利活動法人 地域ひとネット』の活動は精力的なんです。
代表の谷川さんにお話し聞きに行ってきました!

お着物の方が谷川さん

『特定非営利法人 地域ひとネット』の主な活動は
・「ふれあい囲碁®︎」を活用したコミュニケーション能力向上の熟成事業
・地域リーダー育成事業
・地域づくり推進事業
・中間支援事業(団体の活動支援)

ん?「ふれあい囲碁®︎」?

って思ったあなた!

大分市の歩行者天国のイベントなどで見かけた人もいるはず!

歩行者天国でのイベント

競技囲碁とは違い、年齢、国籍、障がいの有無などを超えて様々な人が、人数の制限なくコミュニケーションを一緒にとることができるようにデザインされた囲碁プログラム!

年齢、国籍、性別も問わず楽しめる「ふれあい囲碁®︎」

ルールは簡単!
碁盤の線を道路と考えてください。
お互いの碁石は、その道路の交差点に置きます。
相手の碁石を通せんぼしたら勝ちです!

ルールは簡単!

誰もが参加できる「ふれあい囲碁®︎」

簡単でしょ?

でもね、このルール一つっていう仕掛けなんですが、実際にやってみると様々な疑問が生じます?
そんな時は参加者全員で話し合って新しいルールを決めるんです。
それが「ふれあい囲碁®︎」のスタイルであり、単なるゲームではない大きな特長!

参加者全員で話し合って新しいルールを作ることでコミュニケーションが成立します。
しかも自然に!

この「ふれあい囲碁®︎」を使ってどういう効果があるかというと…

例えば地域では…
交流ツールとして活用されていて、地域の中の顔見知りが増え、自然に挨拶が交わされる関係が築かれる中で、安心した地域づくりができます。

地域の人たちのコミュニケーションとして

例えば福祉施設では…
言葉が苦手な方も、自ら碁石を置くことで自己表現ができる。
老人ホームや介護施設では入居者同士の行き交いが増え、良い意味で他の人を意識でき、結果、身だしなみ・掃除など自己・生活環境への関心が高まり、日常の活動量が増えます。

老人ホームでのコミュニケーションツールとして

例えば学校現場で…
クラスで孤立していた子どもがクラスメイトと話せるようになった、新しい友達ができた、周囲に関心が持てるようになったという事例も。

学校現場でもコミュニケーションツールとして活用

例えば企業でも…
部署内でのチームワーク、他部署間での連携や新入社員研修などに活用できるし、管理職においてはマネジメント力の向上にも。

イベントではオリジナルの碁石も登場

このように「ふれあい囲碁®︎」は、個人対個人、チーム対チームで対戦するゲーム。
お互い向かい合って行うことで、表情や仕草など相手の非言語表現に自然に目がいく環境を作る事が可能。
また、正面を向き合って他者と過ごすという時間を通して、お互いに居心地の良い物理的・心理的距離を体得できるんです。

ね?意外に深いでしょう?

マネジメント力も上がる!?「ふれあい囲碁®︎」リーダー養成講座

「ふれあい囲碁®︎」のゲームを進める時には、必ず“リーダー”という役割の人がいます。
リーダーはゲームの進行役で、ゲームの始まりにはお互いの自己紹介やルール説明、みんなでの挨拶。
ゲーム進行時には質問に答え、ゲーム中に生じた疑問は参加者全員での話し合いで解決。
そしてゲーム終了時にはみんなでまた挨拶。

一人ひとりに碁石を手渡すのもリーダーの役目。
どちらの味方もせず、みんなが安心できる雰囲気づくりもリーダーの仕事なのです。

そんなリーダーを経験することで、自然に対人コミュニケーション力やマネジメント力を学ぶのが「ふれあい囲碁®︎」なのです。

そのリーダーの養成講座も『地域ひとネット』が実施しています。

そもそも、対人コミュニケーション力は、相手を理解する力をつけることで磨かれていくそう。
自分とは違う相手を尊重し敬う気持ちを持つことから。
そのツールとして、シンプルなルールの「ふれあい囲碁®︎」はもってこいなんです。

企業での研修も受け付けています

「ふれあい囲碁®︎」養成講座は受講料4,000円/人
リーダー養成講座や「ふれあい囲碁®︎」の出張講座なども気軽に問い合わせてみてね!
人材育成の講座や、講師の派遣なども問い合わせを

5人以上集まれば養成講座は開催可能。企業の管理職研修なんかにもオススメです!と谷川さん

NPOの運営や設立の疑問も解決!

『地域ひとネット』の活動の一つに“中間支援事業”があります。

市民と市民、市民と行政、企業などの違うセクターに立って、地域の課題解決に向けスムーズな活動を行うためのコーディネート役や、市民団体やボランティアの方々の運営、活動支援や情報収集、発信などの活動支援を行う『地域ひとネット』

講座での一コマ

例えば、

NPO法人の設立や、ボランティア団体の活動をどうすればいいのか?
報告書の作成方法がわからない。

などの疑問や不安を支援するのも『地域ひとネット』の主な事業。

この事業ができるのも、NPO法人岡山NPOセンターが主催している「NPO事務力検定」なるものがあり、その応用編まで取得しているからこそ!

『地域ひとネット』は、NPO活動の経験がとにかく豊富なNPO。

視覚に頼らないコミュニケーションなど、NPOの活動で培った経験も豊富

「ふれあい囲碁®︎」やNPOの基礎、地域連携などお困りのことがあれば気軽に連絡してみてはいかが?
詳しい活動状況などはフェイスブックを確認してね!

また、
9月30日(土)11:00〜17:00
大分駅前広場で、
地域と学生とNPOの協働イベント『おおいたNPO博』が開催されます。

NPOのこともっと知りたい、NPOってなんだろう?って思った方、気軽に立ち寄って見てはどうですか?
きっと身近に感じると思いますよ。

キャンペーン

ツイートして
「ご来店ありがとう!キャンペーン」に参加する

キャンペーン詳細を確認する

このエントリーが気に入ったらいいね!

PR

オオイタのイリグチに記事を掲載してみませんか?

お問い合わせのイリグチ

あわせて読みたいエントリー

おすすめのエントリー

他ジャンルのエントリー