グルメ

PR

寿司屋で鉄板焼き? 佐伯市上浦の『鮨駒』は寿司はもちろん、お好み焼きともんじゃ焼きも超絶品だった!

キャンペーン

佐伯市

プチ贅沢

要予約

こんにちは。

お寿司の取材だからと言われて、私は今佐伯市上浦の『鮨駒』さんに来ています。

お好み焼き

お好み焼き

ええ。お寿司の取材と聞いて。

『”鮨”駒』さんに。

お好み焼き

お好み焼き

美味しい♡

どうして私がお寿司屋さんでお好み焼を食べているのかというと、

鉄板も使えるお座敷席

鉄板も使えるお座敷席

鉄板があったから!

この『鮨駒』さん、お寿司屋さんなのに鉄板つきのお座敷がある

もちろんお寿司屋さんなのでカウンターもあるのですが、そこも靴を脱いでのお座敷スタイル

座椅子のカウンター

座椅子のカウンター

カウンターの目の前にはザ・お寿司屋さんのお品書き

カウンターの目の前にはザ・お寿司屋さんのお品書き

気づいたら、口が勝手にお好み焼ともんじゃ焼をオーダーしていました(笑)

でも、今回のメインはお寿司の取材。
まずはお寿司の話を…

大将も認める魚の違い!!佐伯の魚はやっぱりすごい!?

佐伯寿司海道世話人会に今年から加盟したという『鮨駒』さん
佐伯寿司海道世話人会とは佐伯寿司を世界にPRする団体
今までも何度か加盟店の取材に行かせていただいてます

寿し好
竹寿司
佐伯回転寿司マルマン

今回の『鮨駒』さんの特徴は

大将が”関東仕込み”なところ!
東京で修行をしていたため、関東よりの味付けです

お寿司も関東のお醤油で煮切り醤油を作って提供してます

では佐伯寿司海道メニューを注文(前日までの要予約)

今回頼むのはこれっ!

今回頼むのはこれっ!

大きめサイズの上がりが到着

大きめサイズの上がりが到着

お寿司を待ってる間、佐伯にお店を開いてどのくらいなのか聞いてみた

『開店日が11月13日やけん〜〜21年と3日やな!!』
とのこと(取材日11/16)

東京での修行をした大将にとって、佐伯はやはり素材の良さを感じるそう

確かに私も初めて佐伯でお魚を食べた時の感想は
 
 
 
 

佐伯の魚は次元が違う。
 
 
 
 

本当に新鮮さが違うというか…
一度食べてもらえれば一瞬で感じていただけるかと

さて、大将が握っている姿をカウンター越しに見学

新鮮そうな柵から大きめサイズに切り出してくれています

新鮮そうな柵から大きめサイズに切り出してくれています

まずは一貫・・・

まずは一貫・・・

フォワード陣営完成!!

フォワード陣営完成!!

大将によると、「佐伯寿司は大きめサイズなのも特徴だけど、もちろん食べづらい人もいるだろうから、うちは要望に答えるよ!」

素敵な笑顔の大将

素敵な笑顔の大将

「今の寿司屋ってお客さんが、俺ら職人に気を使ってしまう雰囲気があるじゃない?
それは絶対的に逆で、俺らがこのお客さんどう満足させようかって緊張感持って寿司を出したりするもんなんだよ。

俺らに気を使わず好きなもん食べたらいいから!
最初っから最後まで大トロ食べたかったら食べろよって
それが正しい寿司の食べ方だと思うよ!」

確かにね!

作法ばかり気にしちゃうから、回らないお寿司屋さんって行きにくいんだよね。

大将の親しみやすい喋り口でお寿司についてのお話も聞けました!

あまりの旨さに意識を奪われて、思わず・・・?

佐伯寿司海道メニュー
「豊後地物寿司」3,240円(前日までの要予約)到着です!!

豊後地物寿司!

豊後地物寿司!税込¥3,240-(要予約)

あれ、一貫少ない??
と、お気づきの方いらっしゃいますでしょうか。笑
 
 
 

ごめんなさい!!
 
 
 
 
美味しそうなお寿司に意識を奪われ、写真を撮る前に一貫食べちゃいました…汗

大将にお願いして撮影用にもう一貫握ってもらっちゃいました(てへ)
このあと同行スタッフにめちゃくちゃ怒られた

こっちが本来の完成品!お汁がついてます!※ネタはその日によって変化あり

こっちが本来の完成品!お汁がついてます!※ネタはその日によって変化あり

では気も写真も”とりなおして”早速レポへ

◎イカ

イカ

イカ:まず見た目が美しい

大将が入れた包丁によってイカが口の中でとろけていきます。

あ、そして醤油違うね!!九州のような甘さはあんまりない。
私は割りとお醤油をつけすぎちゃう節があるので、このくらいあっさりしたお醤油の方が素材の味を楽しめていいかも!

◎サヨリ

サヨリ

サヨリ:こちらはなんとも麗しき曲線美

続きまして、好きだと言わしてサヨリちゃん。

上に乗ってる生姜とネギがアクセントになって、あっさり上品なサヨリを美味しく引き立ててます。

実はサヨリは、さばくと、腹の内側が真っ黒なため、昔から「腹黒い人」をサヨリに例えることがあるそう。
こんなに美味しいサヨリちゃんになら、腹黒くっても騙されてあげます。。。

そして
◎カンパチ

新鮮だから、歯ごたえがしっかりしてる!!

新鮮だから、歯ごたえがしっかりしてる!!

◎ヒラメもいただき、、

柔らかいけどしっかり弾力があってふわふわで・・優しい甘みでした。もはや愛しいとすら感じました。

柔らかいけどしっかり弾力があってふわふわで・・優しい甘みでした。もはや愛しいとすら感じました。


 
 
 
 
 

残り半分…

美味しくってすぐ箸が進んでしまうよ・・・

美味しくってすぐ箸が進んでしまうよ・・・

まだまだ行くよ!

◎エビ

エビ

エビ:お店の生簀でさっきまで生きてました!!!

新鮮すぎて、もう食感が素晴らしくいい!
”じゃくじゃく”言います!!
なんか美味しい擬音に聞こえないかもだけど、これ本当に!!
甘みがあって美味しかったです

◎ウニ

すみません
アップの写真を撮り忘れました(土下座)

なので拡大して寄った写真で…

ウニ

ウニ

実はウニがあんまり得意ではなくて、少し臭みのある食べ物のイメージだったのですが…

もう全ッッツ然!!!!!!!

そして、なんかこう、身がぷりってしてるんです!

ウニで身がぷりってしてるのは初体験だったもので。
とてもテンションが上がりました。

はぁ。とっても美味しい…
 
 
 

この取材が永遠に終わらなければいい…

お汁もゆずの香りがしてとっても美味でしたよ

お汁もゆずの香りがしてとっても美味でしたよ

ぐすん

ご馳走様でした(涙)
ああ、終わってしまう。この幸せな時間が(涙)

と思ったけど、そういえばこのエビの頭もしっかり焼いてたから食べれるはず…
絶対美味しいオーラが出てる

で、完食♡

これにて完食!!

これにて完食!!

ああ美味しかった!
帰りたくない。。。まだこの取材を終えたくない。

いい大人なのにダダをコネそう。
あ、そうだ!!!

取材を忘れ、みんなでワイワイ鉄板party開催☆

鉄板があったことを思い出し、勝手にお好み焼きもんじゃ焼きをオーダー!

お寿司の取材だっつてんだろって怒られそうだけど、許して!

同行スタッフは写真のことも含め一瞬真顔でこちらを見ていた気がしましたが、なんだかんだで一緒にワイワイ鉄板party!!スタートです♡

カウンターから鉄板の座敷席へ大将も連れてみんなで移動。
大将がお好み焼きともんじゃ焼きを焼いてくれました〜!

(壁に焼き方の紙は張っているので自分で焼いてもOK!大将の手が空いてる時は頼んだら大将が焼いてくれますよ!)

◎お好み焼き(¥1,000-税抜き)

お好み焼きの具材!

お好み焼きの具材!

この海鮮のプリップリさ

先ほどお寿司でいただいためちゃくちゃ美味い海鮮をこのお好み焼きにも使用
贅沢すぎるお好み焼きだよ。本当

そして寿司屋の大将なのに、お好み焼き焼けんのかい?って話なんですけど…
なんと、お好み焼きももんじゃ焼きもお店で出すために修行に行ったそう

ふんわり厚めのお好み焼き

ふんわり厚めのお好み焼き

出来上がったお好み焼きをいざ実食!!!

外カリの中ふわとかよくある食感の例えだけど、これ本当にその食感実現してる。
で、海鮮は言わずもがな美味い。

火が通っても、いやむしろ火が通ってさらにぷりっとしてます。

おいし〜〜〜〜♡

◎もちチーズ明太もんじゃ焼き(¥1,000-税抜き)

もんじゃ焼きってあんまり九州の方では馴染みがなく、食べたことないって人も割りと多いですよね?きっと。

私も餃子の羽の豪華バージョン的なイメージでした。(ちょっと違うか笑)

生地は後で

生地は後で

そして土手を作って

土手

土手

徐々に生地を流し込んで広げ焼いていくと…

一面のもんじゃ焼き♡

もんじゃ

もんじゃ

うまそう♡

そしてここに

めんたいもちチーズ

もちチーズ明太

もちチーズ明太のトッピング〜〜〜〜!!!

一面の花畑だわ本当…
キラキラしてる本当

で大将によるとしっかり焼いてるのが好みの人はもう少し待ってから食べてね〜とのこと。

とろとろorぱりぱり

とろとろorちょいぱり

どっちも食べてみましたが、私は断然しっかり焼いたちょいぱりが好きです

大将がなぜ鉄板もしてるのかというと、

「鉄板は気を使わない相手と食べるもの。
もんじゃは、もともと子どものおやつで、みんな必死で食らいつくように食べるようなものだった。
そんな風にルールなんて無しで好きなように食べるスタイルで“食”を楽しんでもらいたいし、みんなでワチャワチャしてもらいたい」

という大将の想いから。

ワチャワチャしすぎて、鉄板にお酒をこぼしてしまったお客さんを見て、

「(俺の求めてたのは)そういうのよ!!!!」
って言ってしまったほどなんだとか笑

美味しく楽しい取材の時間は早いもので

お寿司も鉄板焼きもめちゃくちゃおいしかったです。
佐伯の海よありがとう!!!!!

佐伯の海を見ながら帰路へ。

佐伯の海を見ながら帰路へ。

そんな美味しい魚と、大将の修行を経て得た技術が合わさるとこんなにも美味しいものかと感動です。
是非是非、一度皆さんも『鮨駒』さんへ!!!

今回ご紹介したスポット
鮨駒
鉄板料理が食べられるお寿司屋さん。
海の幸の宝庫大分県佐伯市のとれたてピチピチ最高の素材を使ったお寿司、鉄板焼でおもてなしいたします。
  • 住所
    〒879-2602 大分県佐伯市上浦大字津井浦1461
  • TEL
    0972-32-3833
  • 営業時間
    11:30〜21:00 土日は法事の予約が入り通常の営業が出来ない事もあるため 電話にてご確認ください。
  • 定休日
    火曜日
  • 駐車場
    あり
  • ウェブ
    http://www.sushi-koma.net
詳しい情報を見る

このエントリーが気に入ったらいいね!

PR

オオイタのイリグチに広告を掲載してみませんか? 詳しくはこちら

あわせて読みたいエントリー

他のジャンルのエントリー